在校生・卒業生の活躍
インタビュー

IL
イラストレーション学科
ゲームイラストに憧れて
ポリゴンマジックグループ 黄宇翔さん ゲーム制作
#卒業生 #留学生
interview_huang_01.jpg
interview_huang_02.jpg
interview_huang_03.jpg

この業界を目指したきっかけは?

幼い頃から絵を描くのが好きで、2017年の頃にゲームイラストの高い完成度と面白いデザインに憧れて、その後、中国のゲームイラスト専門教室に通い始めた。そこでゲームイラストの世界観に魅力を感じて、ゲームイラスレーターになりたいと思いました。

TDGを選んだ理由は?

母国でイラスト業界に就職した経験があるので、東京デザイナー学院の選択授業は私にとってとても役に立ちます。すでに身に付けたスキル以外の授業が選択できるところがいいと思ってTDGを選びました。

在学中に頑張ったこと

それはやっぱりポートフォリオの制作と就職活動ですね、キャリアサポートセンターの荒井先生にインターンシップに行くなら早い方がいいとアドバイスをもらって、一年生の6月頃からインターンシップの準備を始めました。
その時に描いた作品をまとめて、簡単なポートフォリオを作って応募しました。
そこから、ポートフォリオの内容を充実して就職活動に向けました。

デビュー活動に役立ったサポートは何ですか

キャリアサポートセンターからアドバイスをもらいながら就職活動をしていましたが、やっぱり就職活動の時は日本語が大変でした。
就職活動をしていた頃は日本語があまり上手ではなかったので...
就活のおかげで少しは上手くなりました。
留学生へのアドバイスとしてはなるべく多くの説明会、面接に参加した方がいいです。日本語の練習になります。

業界を目指して進学を検討している方へのメッセージをお願いいたします

絵を描くことが好きだからこの業界を目指している方が多いと思いますが、ゲームで遊ぶことや絵を描くことはデザインと全然違うので、私はデザインするのが好きかどうかも考えた方がいいと思います。
やっぱりデザインが好き、ゲームを作ることが好きだと確信したら、練習をし続ければ必ず成功できると思います。

会社概要

ポリゴン3DCGを利用したゲームディベロッパーの先駆けとしてメインとなるプラットフォームを変化させながら、モノづくりに取り組んでいるゲーム制作会社。


OPEN CAMPUS

興味のある学科の授業を体験してみよう!

直接の来校
OR
オンライン