教育理念・沿革

教育理念EDUCATIONAL PHILOSOPHY

デザイン総合校TDGは広い視野・スキルをもった真のデザイナーを育てます。
時代の移り変わりとともに、絶えず進歩をしていくデザインの世界。
業界の第一線で活躍するデザイナーは、しっかりとした基本をベースにして、
自らの経験や知識を総動員して、新たなフィールドにチャレンジし続けています。
次世代のデザイン業界では、多角的な視野、ビジネスセンス、好奇心に溢れたデザイナーがさらに求められることでしょう。
TDGでは、現在のデザイン現場に対応した実践的なカリキュラムで、
専門分野だけにとどまらない視野の広さをもった真のデザイナーを育てていきます。

沿革HISTORY

1958年 大阪デザイン研究所設立
1960年 東京デザイン研究所設立
1962年 大阪デザイナー学院設立
1963年 次世代のデザイナー・クリエイター養成校として「東京デザイナー学院」を開校
1965年 学校法人許可
1966年 お茶の水総合校舎完成〈現:お茶の水本校舎〉
1967年 お茶の水校舎2号館完成〈現:お茶の水本校舎〉
1974年 お茶の水校舎3号館完成〈現:お茶の水本校舎〉
1977年 専修学校の許可取得
1981年 6号館完成〈現:神保町マンガスタジオ〉
1985年 7号館完成〈現:西神田校舎〉
2013年 創立50周年
2017年 アニメーション学科、ゲーム学科をグループ校「東京クールジャパン」のアニメ総合学科、ゲーム総合学科に統合
2018年 グラフィックデザイン学科とプロダクトデザイン学科が「就職実践専門課程」に認定
2019年 映像デザイン学科、インテリアデザイン学科、建築デザイン学科が「就職実践専門課程」に認定

OPEN CAMPUS

興味のある学科の授業を体験してみよう!

直接の来校
OR
オンライン