在校生・卒業生の活躍
インタビュー

ID
インテリアデザイン学科
製作しているのが楽しくて作業に夢中になれるのは仕事の魅力です。
株式会社アートクリエイティブスタジオ 本井 香萌子さん 空間演出デザイン専攻
#卒業生
motoi_sakuhin1.jpg

★現在のお仕事についてお聞きします

この業種、仕事を選んだキッカケは何ですか?

初めはどういう業種にしようか悩んでいましたが、空演(専攻)でウィンドウディスプレイのデザインを考える授業を通し、自分の中で楽しさ・やりがいを感じ、ディスプレイ関係の仕事に興味を持つようになりました。
就活時にネットでディスプレイ関連の会社を探している時に今の会社のHPにたどり着きました。会社実績のウィンドウディスプレイを拝見し、自分もこの仕事に携わりたいと思い、今の会社に就職しました。

どのような業務をされていますか?

私は製作部に所属しています。主に出力や貼り込み、カッティングシートなどの製作をしています。制作部の流れとして、まず設計部や営業部の方と打ち合わせをします。必要な製作物・物量が分かり次第、素材の発注や職人の手配を行います。自分のペースを考えスケジュールを組み、納期に間に合うように製作を進めます。そして製作物を梱包または発送するまでが制作部の業務です。

仕事の魅力、やりがいを教えて下さい。

製作の技能面で自分の引き出しや出来るようになった事を上司に認めてもらえると、任せてもらえる仕事が増えるので仕事に対して向上心が増します。また効率よく仕事をこなすことができ、且つ上司に褒められた時は達成感・やりがいを感じます。製作しているのが楽しくて作業に夢中になれるのは仕事の魅力です。会社で施工した現場で自分の製作した物がどのように完成形の一部になっているのか、実際に自分の足で見に行くことも好きです。

今後の目標を教えて下さい。

今は出来ることが限られているので、技能面やコミュニケーション力を更に磨き上げ、自分の可能性を広げていきたいです。また上司には今までご迷惑をかけた分、恩を返したい思っているので、多くの物件を担当している上司の仕事も自分がこなせるようになりたいです。そして会社の皆様と信頼性を築いていき、周りから仕事が出来ると認められる人材になりたいです。

学生時代についてお聞きします

どんな勉強をしていましたか?

授業の中でAdobeのIllustratorやPhotoshopの使い方を勉強しました。アプリを活用しながらデザインやレイアウトを考え、自分でまとめた資料でプレゼンしていました。またパソコンで図面や3Dを書いたり、モチーフのデッサンなど選択授業もあったので他学科の分野も学習していました。

お気に入りの授業は何でしたか?理由もお願いします。

空演の授業はとても好きでした。このクラスは全員女子でした。感性豊かでユーモアな子が多かったので、一緒に授業を受けるのが楽しみでした。カリキュラムの中で一番印象に残っているのは舞台製作です。実際に役者さんに来ていただいて、ステージ上で演技をしてもらう舞台公演をやりました。辛いと思うこともなく、空演の皆と楽しくやりきることができ、皆との距離が縮まり、団結力を感じました。私にとってとてもいい思い出です。

学んだことのなかで、現在も役に立っていることは?

学生の頃に覚えたIllustratorの知識は仕事をする上で役立っています。常に効率よく仕事をすることを大事にしています。例えばキーボードのショートカットを使うことで時間短縮になり、スムーズにパソコン作業が進みます。Illustratorのツールや使い方を覚えておくとデスクワークでとても便利だと感じました。

学生生活でオススメの過ごし方は?

友達と過ごすことです。一緒にお昼を食べたり、放課後に飲みに遊びに行ったり、自分が楽しいと感じる空間と時間を作ることでさらに学生生活をenjoy!できると思います。今は当たり前に感じるかもしれませんが、社会人になると友達と会う機会も少なくなります。勉強や課題で大変だと思いますが、友達とたくさんの思い出づくりをおすすめします!

一番思い出に残っていることは?

1年生の研修合宿です。軽井沢の自然が心地よく、建造物や風景の写真を撮りながら友達と楽しく過ごしました。この合宿で一番興奮したのはずっと行きたかった念願の場所 "ロックハート城" に行けたことです。お城は大きく、可愛らしい雑貨やテラス、ドレスの記念撮影が出来るところがあり、想像以上に楽しい場所でした。またドラマのロケ地として使われることが多いので、有名人のサインが飾ってあってテンションが上がりました。

★就職活動についてお聞きします

就職活動で大切にされていたことは何ですか?

面接時での言葉遣いや身だしなみ、文面での誤字脱字の確認等は面接の方と対面・履歴書で第一印象がつくので、相手側に良い印象を持ってもらえるように基礎中の基礎を大切にしていました。また自分がどんな仕事をしたくて何を得意とするかを明白にし、自分に適している且つ貢献できる会社を基準に就職先を探していました。

就職活動で悩んだ時、どのように乗り越えましたか?

学科の先生に話を聞いてもらっていました。専門的なことやインテリア業界に関しては親より先生方の方が詳しいと思っていたので、分からないことを相談することが多かったです。1人で抱え込んでいても何も変わらず前には進めないので、とにかく誰かに話してみることを心掛けていました。

この学校を選んだ理由、決め手になったことは?

一番の決め手は先生方です。私は何度かオープンキャンパスに参加していました。私は人見知りをしてしまうところがあるのですが、先生方は優しく話しかけてくれたり、質問に対しても丁寧に分かりやすく教えてくれました。先生方に親やすさを感じ、生徒と先生方の距離感、学校の雰囲気が良かったのでこの学校を選びました。

夢に向かって頑張る「高校生」に向けてアドバイスをお願いします

分野選びのポイント・視点は何ですか?

一自分の好きなこと・興味あるものが何か模索することで自分のやりたいこと・選択肢は絞れると思います。様々な分野を知るためにまずはオープンキャンパスに行く機会を増やすことをおすすめします。

専門学校へ入学前にやっておいたほうがいいことは?

例えば美術館や展示会に行ってみたり、自分の趣味(読書、イラストetc.)を作ること。自分の武器を集めることで、自分の可能性や視野を広げることが出来ると思います。

高校生に熱いメッセージをお願いします!

まずは高校の思い出を友達とたくさん作って、悔いのない高校生活を送ってください!学生時代の中で高校生が一番好きなことができて、自由に楽しむことができる時間だと思います。高校生のうちにやりたいことをやって青春を謳歌してください!


オープンキャンパス

興味のある学科の授業を体験してみよう!

来校オープンキャンパス来校
OR
オンラインオープンキャンパスオンライン