在校生・卒業生の活躍
インタビュー

FD
ファッションデザイン学科
デザイナーになる上で必要なのは”情報収集”です。
長田 美柚さん ファッションデザイン専攻
#在校生 #新卒入学

★学校生活についてお聞きします

学生生活でオススメの過ごし方は?

私が思う過ごし方は、友達との交流を楽しむことです!同じ何かを作ることが好きな仲間と楽しく会話や他学科の方と交流することで自分の知らなかった情報を得られるので積極的に会話し共有していく大切さを実感しました。
また、その交流から学科を超えた作品作りのきっかけにも繋がります!!またデザイナーになる上で必要なのは"情報収集"です。常日頃から、何かみたり、調べたり、興味を持つことを意識して生活することも大切だと感じました。

どんな勉強をして、何にチカラを入れていますか?

この学科は服作りでの基礎やデザイン画の書き方、アパレル業界など学べる授業があります。その中で私が特にチカラを入れているのは裁縫の授業です。元々縫うことが得意ではなかったので、早くスキルを身につけたいと思いがあったため、積極的に取り組んでいます。実際に出来なかったことができた時の達成感、また自分がデザインしたものが形になった時の喜びを感じることができています。

お気に入りの授業は?理由もお願いします。

ファッションデザイン学科で学べるファッションビジネスの授業です。この授業は、自分がアパレルの世界に入り、販売するという立場になった時に必要な知識を学ぶことができます。このビジネスの授業は、実際に現場に立っていた方が教えてくれるため、生の声を知ることができるのが一番の魅力だと思います!!デザイナーに大切なことだけではなく、社会に出た時に困らない常識や情報も学べることから将来の自分の身になる授業の一つです。

卒業するまでに身につけておきたいことは何ですか?

私はアパレル販売員になる夢と自分の好きなお洋服を提供したい夢があります。販売員になった時に身になるビジネス能力検定やデザイナーで必要な色彩検定などの資格取得はもちろん、裁縫やパターンのの服作りの基礎から応用までのスキルをしっかり身につけ、デザイナー、お洋服の製作している方、販売員などどの立場になっていても通用でき、理解することができる人になっていたいです。

卒業後の目標を教えてください

一人一人に寄り添えるアパレル販売員になっていたいです。また、お洋服にも寄り添えるひとにもなりたいです。ただ販売という立場だけではなく、製作者の方の想いや、服の作りを知ってることで何か伝えることのできる人。誰かのために働く販売員兼誰かのためにお洋服を提供するデザイナー、どちらも活躍できる人になりたいという目標をたて、頑張っています。

★高校時代のことについてお聞きします

専門学校に行こうと思ったキッカケは?

私は、好きなことをもっと伸ばして好きなことを職業にしたいという気持ちがありました。なので大好きなファッションをとことん学びたいと思い、細かいところまでたくさん学べる専門学校を選択しました。好きなことに熱中して取り組め、持続することができることが私の長所でもあったので、自分にぴったりの専門学校を選んでよかったと思いました。

学科・専攻・コースを選んだ理由は?

ファッションデザインを専攻した理由は、大好きなお洋服についてとことん知りたいと思ったからです。自分で何か作ることが大好きな私は、"自分が好きなお洋服を作りたい"と思い、デザイナーになるために必要なことが学べるファッションデザイン専攻を選択し、服作りの基礎から細かいディティールやデザイン画などを主に学んでます。お洋服について幅広く知れるのがこの学科の魅力だと思います。

この学校を選んだ理由、決め手になったことは?

授業の内容が豊富なのは勿論ですが、私が思う魅力は先生が親身になってくれることと積極性が伸ばせることだと思いました。初めて学校の説明会に行った際に不安でいっぱいだった私に、距離がなく、話しやすい空気感を作ってくれた先生の優しさに感銘を受け、入学することを決意しました。また、その説明の中で"マルチに活躍できる人材づくり"という先生の思いから、好きなことに積極的に取り組む姿勢の大切さを知り、自分もここで学びたいと思いました。


オープンキャンパス

興味のある学科の授業を体験してみよう!

来校オープンキャンパス来校
OR
オンラインオープンキャンパスオンライン