【グラフィックデザイン科】2015年AOプレスクールまとめ

2016年1月19日 | By tdg-v | Filed in: グラフィックデザイン科, 未分類.

こんにちは!グラフィックデザイン科助手の折原です。
気付いたら8月のプレスクール以降、
プレスクールのレポートが止まってしまっていて申し訳ないです…!
まとめてとなりますが、2015年のプレスクールをご紹介します。

 

●9月
9月のプレスクールは「デザインに於けるイラスト」を勉強しました。
今回の制作は日本人ならおなじみの文学作品である
「蜘蛛の糸」の表紙イラストの制作です。
09_03
09_02
09_04制作にあたって、一つ縛りを設けました。
それは、「蜘蛛の糸」で検索をしないこと。
既存のイメージに縛られないように、
ビジュアル化されたものをあえて見ないようにして
各々のイメージでイラストを制作しました。
09_01完成したものはどれも個性的!
興味深い作品たちが揃いました。

留学生の人は少し難しかったかな?
蜘蛛の糸は「The Spider’s Thread」という英訳タイトルもあるので
調べてみて下さいね。

 

●10月
10月のプレスクールはコラージュです!
それぞれ雑誌を持ち寄り、好きなパーツを切り抜いて自分の名前を構成しました。
10_03
10_02今回のコラージュでは文字を構成するので、
どうすれば見やすくなるか、すごく悩んだと思います。
例えば配置する場所だったり、
使用するパーツの大きさ、色、形などなど…
10_01今回のコラージュは素材に雑誌のみを使用しましたが、
紙だけではなく布や雑貨等を使っても楽しいですよ。
ぜひお家でやってみて下さいね!

 

●11月
11月は色彩の構成を行いました。
色はデザインを行う上で非常に重要です!
色の分類を勉強した上で、自分で組み合わせを行いました。
11_01

11_02今回のお題は、「自分の顔の記号的な表現」です。
○□△などの記号や数字などを使って、シンプルに自分を表現しました。
11_05使用した画材は「トーナルカラー」と呼ばれる色紙と
ペーパーセメントという接着剤です。
このペーパーセメント、紙の片面だけに塗れば何度でも張り剥がしが出来、
両面に塗れば強力にくっつくという特性を持ったスグレモノなのです。
更に、はみ出しても専用のラバークリーナーを使えば
消しゴムのようにきれいにはみ出したところが無くなります。すごいです。
デザイン制作の上でよく使用するものなので、
ぜひ個人でも使ってみて下さいね。

 

●12月
2015年最後のプレスクールは写真の撮り方で締めくくりました。
皆さんがイメージするデザイン物ってなんでしょう?
広告?web?装丁?パッケージ?
そのどれにも、写真は使われていると思います。
デザインをする上でかっこいい写真が撮れたら最高ですよね。
今回はプロのフォトグラファーの方をお招きし、
本格的な写真撮影の仕方をレクチャーして頂きました。
12_01デザインに於ける写真撮影のポイントは
「ピント」と「構図」です。
メインとなるものにピントをしっかりと合わせ、
奥行きを出すために手前や奥のものをぼかすと良いものが撮れます。
画像加工アプリなんかだとぼかしを後から入れることも出来ますが、
今回は自分の手でぼかしを入れました。
12_02
12_03次に構図ですが、ただ普通に撮っただけじゃ面白くないですよね。
角度を変えたり、近づいたり、離れたりetc…
普段とは違う視点で撮影を行いました。
また、デザイン物には文字等の情報が入ってきます。
その文字を入れるためにはどういう風に撮れば良いか?
というのも同時に考えてみました。

そしてプレスクール生さんが撮った写真の一部がこちらです!
12_05
12_06
DSC_2891
12_08すごい!良い写真が集まりました。

ちなみにこのブログに載せる写真を撮っているのは大体わたしなのですが、
わたしは写真が下手なので非常に焦りを感じました…!

でもこのプレスクールを通して少しは上達したと思うので
ぜひ今年は進化した撮影技術も見て頂ければ…と思います 笑

 

次回AOプレスクールは1/17に行います。
普段目にしている印刷物はどうやって作られているんだろう?
ということで、印刷工場に実際に見学に行ってきます!
実はわたしも見に行くのは初めてなのでワクワクしてます。
今週末のプレスクールもお楽しみに!

 

東京デザイナー学院
グラフィックデザイン科助手 折原にこる


Tags: , ,

Comments are closed here.