【アニメーション科】AOプレスクール!

2015年9月11日 | By tdg-a | Filed in: アニメーション科.

こんにちは!
7月~10月にかけて、アニメーション科のAOプレスクールでは、
一本、自分でアニメーションを作ってみよう!という内容で授業を行っています。

まず、7月の授業の様子から、お伝えしていきます!

7月は、『カードファイト!! ヴァンガードG』で監督を務めていらっしゃる、
卒業生の梅本唯さんをゲスト講師にお呼びして、制作を始めました!
0001

梅本さんは、この日たくさんのことをお話してくださったのですが、
いくつかのお話を、少しずつ抜粋してご紹介しようと思います。
———————–
まず、アニメーションの役職がいろいろある中で、
一番重要なことは『共通言語』を覚えること、使えるようになることが大切です。
仕事をする、ということは、相手の求めていることを理解してあげることが、
非常に重要になってくる、ということです。

———————–
勘違いしないでほしいのは、”誰かのおかげで”
あるいは、”この学校に入ったから”と言って、何かになれるわけじゃない。
本人が楽しんでやりたいかどうか。それ次第です。
———————-
絵を描き続けることよりも、量をこなすことよりも
量<よく考える(分析)が大切です。
物事を相対的に見て、画面をどう作っていくか
その画面を構成していくための仕組み=構造をわかることが大切。
骨格、筋肉、バランスなど・・・・
根底にある理屈、反復してパターンを増やしていく執念。
量をこなすことだけが必要じゃない。
———-
真似をするだけの人は、最初伸びても止まってしまう。
ものの仕組みを理解してかいていく人は、新しいことをどんどん発見し、
基礎的なものの理解を増やしていくので、どんどん伸びていく。
———————
作画には、タイミングが重要。
002
・・・などなど、書ききれない程、
『物事を相対的に見て捉えていくコツ』を教えてくださいました。
006

最後に、梅本さんは、
『絵がうまいとか優れているかというのはどうでもいい。
今本当に自分がやりたいことが何かをわかってやること。
そして、何ができてないかを明確にして、自分で答えを出す。
人のせいにするのは最低。自分で決めること。』
という、熱いメッセージをいただきました。
教室内一同、やる気と高揚感に満ち溢れるような授業でした。

各々、5秒程のアニメーションの企画を、のびのびと考えて、
アニメーション制作に取り掛かりました。
all
005
7月の授業はそれぞれの企画について、アドバイスを先生に見てもらい、終了。
梅本さん、ありがとうございました!!

そして、先日行われた9月のAOプレスクールでは、
現役でアニメーターをなさっている、卒業生の鬼木さんを講師としてお呼びして、
アニメーション制作の続きを行いました。
001

002

前回で企画の内容が決まっていた人は、動きの続きを描いていきます。
003
午前と午後、合わせて4時間という短い授業時間の中でしたが、
みなさん、とても集中して動画を描きあげていきました。
004

005

006
次回は、描いたものをスキャンして、色を塗り、
撮影するところまで行きたいですね・・・!
最終月の10月、完成を楽しみにしています!
来月も楽しくがんばっていきましょう!

以上、アニメーション科でした!
  
——————————————————-
アニメーション科の体験入学・体験授業について
http://www.tdg.ac.jp/opencampus09/animation/


Tags: , ,

Comments are closed here.