アート科:タイミングでチャンス!

2013年10月19日 | By tdg-ar | Filed in: アート科, 総合デザイン科.

チャンスは、行動から生まれる。

アート科2年生の坂本さんと総合デザイン科の矢板さんと
東京ミッドタウンのAward 2013授賞パーティー&レセプションに行ってきました。
審査委員の生スピーチは、ふたりの今後の活動にプラスになります。

矢板さんは、デザイナーを募集していました、グッドデザインカンパニーに
履歴書と作品を送りましたが、面接の連絡が来ませんでした。

しかし、 会場にいらっしゃいましたアートディレクターの水野さんと
話ができるチャンスが生まれました。当然、授賞パーティー&レセプションであり、
メインは、受賞者です。水野さんと履歴書の話をしていると審査委員の中山さんや
八谷さんも会話に参加していただけました。

そして、いつの間にかテーブルで水野さんが作品を見ていて、矢板さんが
プレゼンテーションをしました。
レセプション終了後、ふたりで外へ出かけました。

私、石曾根はアワードのマネージメントをしている方からの紹介で
ミッドタウンの社長である中村さんとアワードについてのお話を
させていただきました。
そして、マネージメントの方に2014の説明会を
東京デザイナー学院での実施をお願いしました。
学生の皆さん、来年はがんばりましょう。

アート科学科長:石曾根一成
http://art-tdg.jugem.jp/

 

 

 


Comments are closed here.