学校法人/専門学校 東京デザイナー学院
デザイン専門学校TOP学科紹介ファッションデザイン科Oshigoto Book

華やかなファッションの世界で仕事をしたい!そう考えたときに、どんな仕事が頭に浮かびますか?ファッションデザイナー、パタンナー、マーチャンタイザー、スタイリスト、PR・プレス、バイヤー、ファッションアドバイザー、ブライダルコーディネーター・・・最先端のファッションを創り出す世界にはたくさんの仕事が存在しています。
それぞれどんな仕事なのか、気になりませんか?
そこでこの本を覗いてみてください。 “ファッションに興味がある”という大切な夢に色が付いて、将来の姿が“今”よりもリアルに見えてくるはずです。
東京デザイナー学院
ファッションデザイン科

ファッションデザイナー:流行を生み出すファッション業界の中心的存在

シーズンのテーマを決めて、必要な資料を集め、自分自身のスキルとセンスを生かして最先端のファッションを作り上げていきます。
デザインの中に独自のプラスアルファを加えたオリジナリティーが求められます。

パタンナー:新たなファッションアイテムの設計図を描く職人

例えば、1枚のシャツは袖、襟、ポケット、身頃などに分かれます。それぞれのパーツをファッションアイテムの設計図といわれるパターンとして描きます。デザイナーが生み出すデザイン画をリアルな形に仕上げていく技術が光る仕事です。

マーチャンダイザー:様々な情報で“今”を掴み、ブランドをリードする戦略家

今、最先端のファッションは何か、時代の流れやデータを基にして次に何を売り出していくのかを戦略的なプランを立ててデザイナーに指示を出します。同時に、アイテムの製作、素材購入、販売価格の決定など予算管理も行っています。

スタイリスト:様々なブランドのアイテムで最高の組み合わせを提供するコーディネーター

靴、アクセサリーを含めた全てのファッションアイテムからショー、雑誌、広告が求めるイメージに合うようにモデルにコーディネートします。最新のアイテムだけではなく、自分のセンスで新たなファッション・スタイルも作り出せる仕事です。

PR・プレス:センスを生かして、ブランドイメージを的確に発信する広告塔

ファッションと雑誌や広告、テレビコマーシャルといったメディアをつないで、自社のブランドイメージを宣伝する仕事です。外部との接点が多く、コミュニケーション力とブランドの広告塔としてのセンスが問われます。

バイヤー:世界各地からトレンドの商品をセレクトするファッションの旅人

ニューヨーク、ロンドン、パリ・・・最先端のファッションを発信する世界各地の展示会やファッションショーに足を運んで、次のトレンド商品を的確に選び出します。シーズンのファッションの流れはバイヤーのセレクト次第といえるでしょう。

ファッションデザイナー:流行を生み出すファッション業界の中心的存在

最新のファッションアイテムが並ぶショップで、お客様とコミュニケーションを取りながら販売していく仕事です。お客様の購買意欲を高めるようなショップのディスプレイはもちろん、アイテムを着こなすセンスも必要です。

ファッションデザイナー:流行を生み出すファッション業界の中心的存在

ウェディングドレスのセレクトやフィッティングだけではなく、結婚式全体をコーディネートしていきます。お客様が初めて式場を訪れたときから話し合いを重ねて、一生の思い出に残るようなウェディングシーンを演出します。

2017年度資料請求
ページTOPへ戻る