学校法人/専門学校 東京デザイナー学院
デザイン専門学校TOP2017年度 学科ラインアップ映像デザイン科スペシャルコンテンツ

VISUAL IMAGE DESIGN

NUKE、Maya、Houdiniなど、ハリウッドスタンダードの環境に加え、CINEMA 4Dやモーションキャプチャシステム「MVN」、ネットワークレンダリング「Deadline」を導入し、アーティストとしての「感性」を最大限に磨き上げる。

NUKE、Maya、Houdiniなど、ハリウッドスタンダードの環境に加え、CINEMA 4Dやモーションキャプチャシステム「MVN」、ネットワークレンダリング「Deadline」を導入し、アーティストとしての「感性」を最大限に磨き上げる。

様々なメディアが発達し、映像コンテンツのニーズが高まり続けている現在、映像業界では新たなクリエイターが求められています。しかし、アウトプットの形が様々あり、技術的にも日々進化している映像の世界では、クリエイターに“アーティストの感性”とクロスメディアに対応できる“高い技術力”を兼ね備えた総合的なクリエイティビティが必要です。業界ではこの新しい潮流に対応できる人材が特に求められています。そのような背景を踏まえて、映像デザイン科ではこれからの映像業界に必要な人材を育てるためのカリキュラムと環境を準備しました。本学科の特長はなによりも“本物志向”にあります。NUKE、MARI、Maya、Houdini、REDなど豊富なプロツールに加え、CINEMA 4D、MVN、Deadlineの導入で更に専門的で幅広い映像制作に取り組むことができます。そして、そのツールと身につけた技術を使って「何を作るのか」というアーティストとして最も大切な感性を磨くことにも重点を置いて教育しています。このように東京デザイナー学院の映像デザイン科では学びのレベルを高く設定し、学生達が学校ではなく“制作スタジオ”に通っているような感覚が持てる学科を目指しています。

映像デザイン科スタッフ

映像デザイン科スタッフ

映像デザイン科スタッフ

□ 松永 治空(写真左)/映像デザイン科 学科長

技術とセンスの両方を鍛えて「自分の頭で考える」人材に育ってください。新しいことを学ぶとともに、古い書物や芸術も学んでください。次世代の君たちに期待しています!

□ 小澤 怜(写真右)/映像デザイン科 専任

様々な表現アプローチが可能な映像デザインは、映画・ゲーム・イベントなどジャンルを問わず必要とされます。ここには素晴らしい学習環境があります。一緒に作り上げていきましょう!

□ 清水 麻子(写真中)/映像デザイン科 助手

「好き」を自分の力でカタチにすることの楽しさ、喜びを映像デザイン科で学んでください。そしてあきらめないで全力で目標に向かって走りましょう!一生の宝になるような作品や仲間をつくりましょう!!

“映像のプロ”を目指して段階的に学びを深める4つのステージで構成されています。デザインの基礎や映像作成ツール操作の基礎から、各自がジェネラリスト、スペシャリストとしてオリジナルの映像作品が制作できるまでの力を養います。

1st

基礎を学ぶ

映像を制作する上で
必要となるアプリケーションの
基礎を学ぶことを
主眼とします。

2nd

テクニックを習得

デジタル合成や
モーショングラフィックスの
制作が行えるアプリケーションを
より深く学んでいきます。

3rd

より実践的に映像制作を学ぶ

ストーリー性や
アート性のある作品など、
既成の概念に捉われない
ショートムービーを制作します。

4th

プロの技術の習得

プロの現場ですぐに通用する
技術の習得を目指します。
卒業制作は自由なテーマで
映像を制作します。

デッサン
Maya・Ⅰ
Maya・Ⅱ
Photoshop / AfterEffects
映像演出
撮影実習
CGクリエイター検定
映像研究
Maya・Ⅲ
Maya・Ⅳ
VFX・Ⅰ(NUKE)
VFX・Ⅱ(NUKE)
モーショングラフィックス・Ⅰ
(AfterEffects)
モーショングラフィックス・Ⅱ
(CINEMA 4D)
制作管理
映像研究
-選択-
Maya(スキル)
Maya(モデリング)
Maya(アニメーション)
Houdini
NUKE(コンポジット)
CINEMA 4D
AfterEffects
VFX撮影
写真実習(人物・物撮り)
Maya・Ⅴ(モデリング)
Maya・Ⅵ(アニメーション)
VFX・Ⅲ(NUKE)
VFX・Ⅳ(NUKE)
AfterEffects / CINEIMA 4D・I
AfterEffects / CINEIMA 4D・Ⅱ
REEL
制作管理 / ポートフォリオ
-選択-
Maya(アドバンス)
Maya (アニメーション)
Maya(プロダクション・ワークス)
CINEMA 4D
NUKE
Houdini
AfterEffects
VFX撮影
写真実習(人物・物撮り)
Maya・Ⅶ(モデリング)
Maya・Ⅷ(アニメーション)
VFX・Ⅴ
VFX・Ⅵ
AfterEffects / CINEIMA 4D・Ⅲ
AfterEffects / CINEIMA 4D・Ⅳ
卒業制作
-選択-
Maya(アドバンス)
Maya (アニメーション)
Maya(フィニッシュ・ワークス)
CINEMA 4D
NUKE
Houdini
AfterEffects
VFX撮影
写真実習(人物・物撮り)
1年次 2年次

1st

基礎を学ぶ

映像を制作する上で必要となるアプリケーションの基礎を学ぶことを主眼とします。

デッサン
Maya・Ⅰ
Maya・Ⅱ
Photoshop / AfterEffects
映像演出
撮影実習
CGクリエイター検定
映像研究

2nd

テクニックを習得

デジタル合成やモーショングラフィックスの制作が行えるアプリケーションをより深く学んでいきます。

Maya・Ⅲ
Maya・Ⅳ
VFX・Ⅰ(NUKE)
VFX・Ⅱ(NUKE)
モーショングラフィックス・Ⅰ
(AfterEffects)
モーショングラフィックス・Ⅱ
(CINEMA 4D)
制作管理
映像研究
-選択-
Maya(スキル)
Maya(モデリング)
Maya(アニメーション)
Houdini
NUKE(コンポジット)
CINEMA 4D
AfterEffects
VFX撮影
写真実習(人物・物撮り)

3rd

より実践的に映像制作を学ぶ

ストーリー性やアート性のある作品など、既成の概念に捉われないショートムービーを制作します。

Maya・Ⅴ(モデリング)
Maya・Ⅵ(アニメーション)
VFX・Ⅲ(NUKE)
VFX・Ⅳ(NUKE)
AfterEffects / CINEIMA 4D・I
AfterEffects / CINEIMA 4D・Ⅱ
REEL
制作管理 / ポートフォリオ
-選択-
Maya(アドバンス)
Maya (アニメーション)
Maya(プロダクション・ワークス)
CINEMA 4D
NUKE
Houdini
AfterEffects
VFX撮影
写真実習(人物・物撮り)

4th

プロの技術の習得

プロの現場ですぐに通用する技術の習得を目指します。卒業制作は自由なテーマで映像を制作します。

Maya・Ⅶ(モデリング)
Maya・Ⅷ(アニメーション)
VFX・Ⅴ
VFX・Ⅵ
AfterEffects / CINEIMA 4D・Ⅲ
AfterEffects / CINEIMA 4D・Ⅳ
卒業制作
-選択-
Maya(アドバンス)
Maya (アニメーション)
Maya(フィニッシュ・ワークス)
CINEMA 4D
NUKE
Houdini
AfterEffects
VFX撮影
写真実習(人物・物撮り)

※年度によって授業内容が変わることがあります。

映像デザイン科だからこそ基礎から学べる、
デザイナーに必須な内容を凝縮した2年間の流れ。

ACTIVITIES アクティビティー

ACTIVITIES アクティビティー

学校だけが教わる場所とは限りません。業界とのコミュニケーションも積極的に行っています。

TDG × IndyZone Presents
VFX マンスリーセミナー

学生のみならず業界人向けの勉強会を月一で開催。もちろん学生も参加OKです。学校では学べない高度な技術、最先端のVFXに触れられるチャンスがTDGにはあります。

鈴木 卓矢氏
スペシャルセミナー

海外でモデリングアーティストとして活躍後、(株)フォトン・アーツでスーパーバイザーを務めている鈴木卓也氏によるセミナーを開催しました。著名なアーティストと交流できるのも、デザイン専門学校のメリットと言えます。

TDG×ILCA.Inc
劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』

CG制作会社ILCA.Incと映像デザイン科の産学協同プロジェクトで『ラブライブ!The School Idol Movie』のCG制作パートに学生が参加しました。在学中からプロと仕事をする産学協同を積極的に行っています。

企業へのインターンシップ

「ワンピース」など大人気アニメを手掛ける東映アニメーション(株)や映画からゲームムービーまで幅広く手掛ける(株)デジタル・フロンティアなど、在学中からプロとしての心構えを学び、就職に繋げます。

2017年度資料請求
ページTOPへ戻る