デザイン専門学校TOP2018年度 学科ラインアップデザイン研究科

デザイン研究科

デザイン研究科

「専門分野を極めたい」「創作活動に力を入れたい」。そんなニーズに応えるのがデザイン研究科です。カリキュラムを自由に組み、さらなる1年間で、デザインをより深く学ぶことができます。

クリエイティブデザインのプロを育てる3つのポイント

クリエイティブデザインの
プロを育てるポイント

年間プログラムを自分でカスタマイズ

カリキュラムはカスタマイズ可能。10学科の授業から自由に選択できます。自分の課題を見つけ、デビューや就職に向けてじっくりと準備をすることができます。

ワンランク上のキャリアを目標にデザイン力を高めるキャリアアップデザイン専攻

いままでの経験を生かして、新たな自分の目標を設定して向かい、これまでの学習に加える課題を見つけ、それに取り組み、なりたい自分になることを目的とします。

卒業生紹介 デザイン研究科

浜崎 あゆみ
15th Anniversary Tour 〜 A BEST LIVE 〜 Photobook (AVEX GROUP)

WWD JAPAN ファッション週刊誌 Vol.1771
(INFAS PUBLICATIONS)

OB's VOICE

総合デザイン科での1年間で
自分の進む道が明確になった
グラフィックデザイン科でデザインを学ぶなかで、「個人的なデザインの方向性」を見つけたいという思いが生まれ総合デザイン科へ。「デザインと写真との大きなつながり」を発見したことで、フォトグラファーの道に進みたいと思うようになりました。今の仕事では毎日デザインの知識を使っています。デザインの仕事を続けるためには、独創力を発揮できる場を見つけることが大切だと思います。

ライアン チャン
RYAN CHAN


2009年卒 アメリカ出身

フォトグラファー・アーティスト。第41回社団法人日本広告写真家協会公募展APAアワード2013では、「UNCONDITIONAL LOVE」が文部科学大臣賞を受賞。

メガネのオンデーズ(OWNDAYS) メガネ/サングラス

OB's VOICE

一歩踏み込んでみることで
新しい世界が見えてくる
デザイン研究科ではプロダクトデザインのスキルを高めながら、よりグラフィックに重きを置きました。重きを置くポイントを変えることで、新たなスキルや仕事の幅を見出せました。現在、メガネのデザイン企画とブランディングの仕事をしていますが、デザイン企画にはプロダクトデザイン科の、ブランディング・クリエイティブでは総合デザイン科のそれぞれで学んだノウハウが活かされています。

安間 健
YASUMA KEN


2011年卒 東京都出身

プロダクトデザイン科から総合デザイン科を経て、2011年4月に株式会社オンデーズに入社。メガネの企画・デザイン、販促POPやWebのデザインなどを手掛ける。

TDG BLOG

ページTOPへ戻る