デザイン専門学校TOP2017年度 学科ラインアップアートデザイン科スペシャルコンテンツ

東京デザイナー学院アートデザイン科「+(プラス)なアソビはart(カタチ)になる。」

アートって何?心を豊かにするもの。デザインって何?生活を豊かにするもの。そこで大事なのは、人を楽しませる、喜ばせること。でも、始まりは自分が楽しんで、ごきげんになること。何を使ってもいい。紙、布、パソコン、シャボン玉、自分のカラダだって素材になる。「あーしたい」「こーしたい」につなげるアソビ、つまり、+なアソビをartに変えていくきっかけが東京デザイナー学院のアートデザイン科には無限に広がっている、と思うわけで。 石曾根一成 / アートデザイン科 学科長

  • クリエイティブデザイン専攻
  • コミュニケーションアート専攻

考える。/﨑山 智子

デザインなのか、広告全体に関わりたいのか。どちらかわからなかったけど、“広告が好き”だからいろんな表現を学べるアートデザイン科を選びました。でも、いろんなことができるからたくさん考えます。学ぶ目的、目標、表現、考えるのはすべて自分。おかげで、一つ一つがプラスになっていきました。アイデアを表現につなげるやわらかい頭にもなります。そして今は、広告全体に関わる仕事をしようと決めました。

創る。/矢板 宏

アートデザイン科で過ごす時間をおもしろくするのは、好奇心があるかどうか。人、作品、制作のプロセス。興味を持つことが、新たな創作のヒントになります。ただ、僕は見てもらうだけの作品はつくりません。つくる人と見る人の間に境界線があるような気がして。一緒に楽しめるもの。それが創作の出発点。つくり上げる作品は、立体でも平面でも構わない。どんなカタチになるかわからないけど、そんな作品をつくっていたら、2年間がとても濃いものになりました。

気づく。/坂本 弓華

絵が好きで、本が好きで、人に喜んでもらうことも好きで。でも、それをどう表現したらいいんだろうと思っていたら、「好きにやったらいいんだよ」とアートデザイン科の先生に背中を押されました。作品をつくりながら、絵や本のどこが好きなのかに気づく毎日です。将来は雑誌デザイン? 装丁家? 好きの先に必ず未来がある思っています。

Art work [学生作品]

資料請求
ページTOPへ戻る