デザイン専門学校TOP入学について奨学金制度

奨学金制度

日本学生支援機構

本校に在学し、勉学態度が良好であり、経済的に学費を補う必要のある者に対し、日本学生支援機構より無利息、または低利息で一定額の貸与が受けられます。学種によって、学年や通学形態等で貸与金額が異なります。詳細は、日本学生支援機構までお問い合せください。

【第一種奨学金】

申 込
(出願)
資 格
  1. 専門課程に在籍している学生
  2. 日本学生支援機構が定めた次の3つの学力基準のいずれかに該当すること
    ①高校または専修学校高等課程最終2か年の成績が3.2以上
    ②高等学校卒業程度認定試験の合格者で、上記に準ずると在学学校長から認められる者
    ③家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)が住民税非課税であって、次のアまたはイのいずれかに該当する者
    ア 特定の分野において、特に優れた資質能力を有し、特に優れた学習成績を修める見込みがあること
    イ 学修に意欲があり、特に優れた学習成績を修める見込みがあること
  3. 日本学生支援機構の定める収入基準以内であること
    2017年度採用者の家計の目安は4人世帯(自宅通学で)
    給与所得者 779万円以内 / 給与所得者以外の所得者 371万円以内
貸与月額 自宅通学 30,000円 または 53,000円
自宅外通学 30,000円 または 60,000円 ※2017年度例
利  率 無利息
返還期間 貸与が終了した月の翌月から数えて7ヶ月目より、奨学金の種類、貸与総額に応じた期間。
申込期間 入学後4月〜6月。7月より振込み開始(7月には4月〜7月分がまとめて振込まれます)。
返還例 専門課程24ヶ月貸与(貸与始期4月)
貸与月額 貸与月額
53,000円
自宅外通学
60,000円
自宅・自宅外共通
30,000円
返還月賦額
 × 
返還回数
8,833円
×
144回(12年)
9,230円
×
156回(13年)
6,666円
×
108回(9年)
返還総額 1,272,000円 1,440,000円 720,000円
お問い合わせ 日本学生支援機構 ナビダイヤル 0570-666-301 ホームページ http://www.jasso.go.jp/

【第二種奨学金】

申 込
(出願)
資 格
  1. 専門課程に在籍している学生
  2. 日本学生支援機構が定めた次の4つの学力基準のいずれかに該当すること
    ①高等学校における成績が平均水準以上の者
    ②特定分野において、特に優れた資質があると認められる者
    ③学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
    ④高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる者
  3. 日本学生支援機構の定める収入基準以内であること
    2017年度採用者の家計の目安は4人世帯(自宅通学で)
    給与所得者 1,122万円以内 / 給与所得者以外の所得者 714万円以内
貸与月額 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から月額を選択できます
※2017年度例
利  率 在学中は無利息、卒業後は年3%を上限とする利息つき
(2018年1月現在・・・利率固定方式0.27%、利率見直し方式0.01%)
返還期間 貸与が終了した月の翌月から数えて7ヶ月目より、奨学金の種類、貸与総額に応じた期間。
申込期間 入学後4月〜6月。7月より振込み開始(7月には4月〜7月分がまとめて振込まれます)。
返還例 専門課程24ヶ月貸与(上限金利3%の場合)(貸与始期4月)
貸与月額 30,000円 50,000円 80,000円 100,000円 120,000円
貸与総額 720,000円 1,200,000円 1,920,000円 2,400,000円 2,880,000円
返還月賦額
 × 
返還回数
7,713円
×
108回(9年)
10,055円
×
144回(12年)
15,059円
×
156回(13年)
16,769円
×
180回(15年)
19,125円
×
192回(16年)
返還総額 833,004円 1,448,002円 2,349,227円 3,018,568円 3,672,102円
お問い合わせ 日本学生支援機構 ナビダイヤル 0570-666-301 ホームページ http://www.jasso.go.jp/

『予約採用』

日本学生支援機構には、入学前に申し込みができる「予約採用」制度もあります。
詳しくは、在籍する高校の奨学金窓口にお早めにお問い合わせください。

東京都育英資金

※東京都育英資金の他にも、県・区・市町村単位で奨学金制度を設けているところがあります。お近くの各役所窓口にお問い合わせください。

都内にお住まいの在校生のうち、勉学態度良好であり、経済的に学費を補う必要のある者に対し、東京都から奨学金の貸与が受けられます。詳細は、財団法人東京都私学財団 育英資金担当までお問い合わせください。

申 込
(出願)
資 格
(1)本校に在学する方
(2)本人と保護者が、貸付を開始する月の初日に共に住所が都内にあること
(3)勉学意欲があり、経済的な理由により修学が困難であること
(4)同種の奨学金等を他から借り受けていないこと
(5)申込時に第一連帯保証人(原則として父または母)、貸付終了時に第二連帯保証人(父母以外で職業を有し別生計を営む、貸付終了時に満65歳を超えていない成人)を立てられること
  ※第二連帯保証人が立てられない場合は一括返還となります
(6)日本国籍がない場合は、在留資格が「法定特別永住者」永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」のいずれかであること
(7)同一学種等で、過去に東京都育英資金を借りていないこと
(8)大学院に在学したことがないこと
(9)返還期間の末日に、満65歳を超えないこと
貸与月額 53,000円 ※2017年度例
利  率 無利息(ただし、期限までに返済されなかったときは、違約金が加算されることがあります)
返済期間 貸与終了後、6ヶ月間の据置期間終了後、最長返還期間内に返還
(貸付総額により最長返還期間が変わります)
申込期間 入学後4月〜5月。8月より振込開始(8月には4月〜8月分がまとめて振込まれます)
返還例 専門課程
24ヶ月貸与
(貸与始期4月)
貸与月額 53,000円
返還年賦額
×
返還回数
※13年間(最長返還期間)
48,900円×25回(年2回払い)
49,500円×1回(最終回)
返還総額 1,272,000円
お問い合わせ 財団法人東京都私学財団 融資部   03-5206-7929 
東京都私学財団ホームページ http://www.shigaku-tokyo.or.jp/

東京都母子福祉資金・父子福祉資金

都内にお住まいの、20歳未満の子等を扶養している母子家庭の母または父子家庭の父等を対象とした、修学資金および就学支度資金の貸付制度です。詳細は東京都福祉保健局 少子社会対策部育成支援課福祉資金担当までお問い合わせください。

申込資格 20歳未満のお子さん等を扶養している母子家庭の母または父子家庭の父 返済期間 20年以内
貸与月額 79,500円(自宅) 90,000円(自宅外) 申込期間 随時(事前相談が原則)
利  率 無利子(母または父の収入状況等により連帯保証人が必要な場合があります) お問い合わせ 東京都福祉保健局少子社会対策部 育成支援課福祉資金担当 電話 03-5320-4126
ページTOPへ戻る